生涯歩行に貢献します

Staff

 足と靴のプロフェッショナル ~ 各店スタッフのご紹介 

HOME | 会社案内 | スタッフ
生涯歩行に貢献します

 

Staff


足と靴のプロフェッショナル ~ 各店スタッフのご紹介

Staff

各店スタッフのご紹介

倉冨 英史 社長

LinkIcon NPO法人 足もと健康サポートねっと 副理事長

LinkIcon JWAウォーキング指導員

ドイツの靴文化にのめり込んで20年!気がついたら靴屋の3代目!
「特別に難しいお客様」や「他店で全くダメだったお客様」に向けて、各店にて、ご相談をお待ち致しております。
男性のイラスト
集合写真

2002年のセミナーにて ルッツ・ベーレ先生と


お客様へのメッセージ

1938年創業の靴店3代目です・・・家業に入ったのが1999年ですが、当初は目標もなく、ただ、店舗にいるのみでした。
しかし、2002年に放送された「ある整形外科靴マイスターのドキュメンタリー」をたまたま見たことで人生が大きく変わりました。

足を計測し、その状態やお悩み・ご要望に合わせて、靴を加工調整・製作する古くからあるマイスターの技術とその文化に瞬時に打ちのめされました。
その後に日本でもマイスターより学べるチャンスがあることを知り、すぐ行動し、酷いときは一年の内で2ヶ月弱も家を留守にし、また、実際にヨーロッパにも出かける機会をも頂き、30代の残り全てを「ドイツの靴文化」と過ごしました。

靴でお悩みを持つお客様は多く、また、ありがたい事に必要として頂き、気がつくといま50代前半となりました。
この先仕事を続けても残りは20年程しかなく、であれば私はこの「ドイツの靴文化」に徹底的にこだわり、多くの皆様にこの素晴らしさを発信し続ける所存です。

そして、現在は公として社長の立場を頂いており、生涯歩行への貢献を通じた「足もとよりの健康な社会」の実現という企業としてのテーマに取り組み、私が代を去ってもその柱がしっかりと残るように日々を努めたく思います。(2019/11)

講演・学会発表・執筆など
2007 第3回 日本整形靴技術協会学術大会にて演題発表「フィッティングツールとしてのフットスキャンシステムの活用」(名古屋)
2010 第8回 糖尿病フットケア研究会にて講演「楽しく、かつ、効率的にウォーキング!」(福岡)
2011 第9回 糖尿病フットケア研究会にて講演「間違いだらけの靴選び」(福岡)
2012 第8回 日本整形靴技術協会学術大会にて演題発表「各種ソックス着用による走行歩容の動的評価」(神戸)
2013 第9回 日本整形靴技術協会学術大会の大会長に就任「靴店の視点から医療を考える」など(福岡)
2015 第8回熊本実践フットケア研究会にて講演「ドイツのマイスター文化に学ぶ、正しい足と靴の知識」(熊本)
    北九州透析合併症カンファレンスにて講演「ドイツのマイスター文化に学ぶ、正しい足と靴の知識」(北九州)
2015 糖尿病ケア~フットケア実践ブック(メディカ出版)「市販靴の選び方」の項目を担当・執筆
2017 久留米青色申告会 一般部会にて講演「第一回 健康セミナー」
2019 生涯歩行のすすめ~今日からはじめるフットケア!(梓書院)「
シューフィッターによる正しい靴選び」の項目を担当・執筆
2019 第一回 日本フットケア・足病医学会 九州・沖縄地方会 学術集会 市民公開講座にて「シューフィッターに聞く、靴で元気になる方法」
(2019/11)

2007 第3回 日本整形靴技術協会学術大会にて演題発表「フィッティングツールとしてのフットスキャンシステムの活用」(名古屋)
2010 第8回 糖尿病フットケア研究会にて講演「楽しく、かつ、効率的にウォーキング!」(福岡)
2011 第9回 糖尿病フットケア研究会にて講演「間違いだらけの靴選び」(福岡)
2012 第8回 日本整形靴技術協会学術大会にて演題発表「各種ソックス着用による走行歩容の動的評価」(神戸)
2013 第9回 日本整形靴技術協会学術大会の大会長に就任「靴店の視点から医療を考える」など(福岡)
2015 第8回熊本実践フットケア研究会にて講演「ドイツのマイスター文化に学ぶ、正しい足と靴の知識」(熊本)
    北九州透析合併症カンファレンスにて講演「ドイツのマイスター文化に学ぶ、正しい足と靴の知識」(北九州)
2015 糖尿病ケア~フットケア実践ブック(メディカ出版)「市販靴の選び方」の項目を担当・執筆
2017 久留米青色申告会 一般部会にて講演「第一回 健康セミナー」
2019 生涯歩行のすすめ~今日からはじめるフットケア!(梓書院)「
シューフィッターによる正しい靴選び」の項目を担当・執筆
2019 第一回 日本フットケア・足病医学会 九州・沖縄地方会 学術集会 市民公開講座にて「シューフィッターに聞く、靴で元気になる方法」
(2019/11)

倉冨 美紀 専務

B/S SPANGE 取扱技術者

嫁いでみたら、なぜかFHAの講師と会社の中間管理職を兼務!
「靴でお悩みの女性のパンプス・モードシューズ」&「歩き始めよりの子様靴」のカウンセリングとセレクト・ 大濠本店にてお待ち致しております。
女性のイラスト
新聞記事の画像

2014年11月 読売新聞に取材して頂きました


お客様へのメッセージ

不思議な御縁で「靴屋」に嫁いで、凄い勢いで色んな事が起こりました。
資格取得に、業界の役員に、新店舗オープン! いつまでも、不思議は続いていきます。

気がつけば「靴が繋いでくれた御縁」で、素敵な人達とたくさん知り合う事もでき、同じ時間を共有で出来ている事に感謝の日々です。
そんな中、店舗に足を運んで下さるお客様との「繋がり」も大切にしていいます。

リピーター様が多くいて下さる事に、本当に感謝しております。
お顔を見て、お客様に提案する靴が思い浮かびます。

たくさんのおしゃべりも、私にとってはお靴選びに必要な重要な武器!
皆様の「想像以上」の靴の御提案を、承らせて頂きます。(2015/10)

須崎 雄祐 大濠本店店長

LinkIcon FHA 足と靴と健康協議会 プライマリーシューフィッター
LinkIcon 同 幼児子供専門シューフィッター

LinkIcon ドイツ整形外科靴マイスター クレメンス・ハーゲン氏に師事

転職したら、靴の仕事が天職でした・将来の夢と目標はマイスター!
「最適な靴選びとオーダー中敷作成より、外反母趾などの足のトラブル全般」「スポーツ用インソール」など、大濠本店にてお待ち致しております。
男性のイラスト
工房で働く男性の画像

お客様へのメッセージ

大濠店に定期的に来ているドイツ整形靴マイスターの技術に衝撃を受け、ドイツの靴加工技術の虜になりました。
それ以来、毎日工房で腕を磨いており、高い技術で靴やインソールを加工し、一人でも多くのお客様の足のお悩みを解決することができればと思っております。

目標は「できません」と言う言葉のない靴職人になる事!!
靴の事で「こんなことはできないだろう」と諦めている事があれば是非ご相談ください!!(2015/10)

前田 誠 博多店店長

日本ノルディックフィットネス協会 ノルディックウォーキング講師
2018年より、福岡マラソン公認コーチに就任し、数多くのイベントでランナーに指導を行う。
 
濃い顔にご婦人のファンが多し!
男性のイラスト
トークショーの画像

Fun to Sports EXPO2019でのトークショー


お客様へのメッセージ

私自身、足に大怪我をした経験から身を持って「合う靴を探す事の難しさ」を知り、足と靴の追求心からご縁あってシューズクラトミに入社しました!

現在は「お洒落も健康も足元から」をモットーに合う靴のご提案はもちろんウォーキングやランニングのサポートの運動活動等にも取り組み、運動競技のパフォーマンスアップや将来起こりうるかもしれない介護社会を足元から食い止めるべく日々活動を続けております。(2015/10)


草場 博志 博多店店長

某大手靴メーカーより転職
靴と靴業界については造詣も深く、その経験値よりお客様への提案力大!
男性のイラスト
女性のイラスト
男性のイラスト
女性のイラスト
女性のイラスト
男性のイラスト

クラトミー賞受賞者リスト

新年度の開始に合わせて当社では、今年度の「経営指針発表会」と優秀社員を表彰する「クラトミー賞」を開催致しております
トロフィーを持つ男性の画像

最優秀社員賞 前田誠 店長

第25期経営指針発表会&第二回クラトミー賞

(2015年9月19日 博多・ウィズ・ザ・スタイルにて開催)

トロフィーを持つ女性の画像

最優秀社員賞 倉冨美紀 マネージャー

第26期経営指針発表会&第三回クラトミー賞

(2016年10月15日 大名・ヴィノハウスにて開催) 

トロフィーを持つ男性の画像

最優秀社員賞 須崎雄祐 店長

第27期経営指針発表会&第四回クラトミー賞

(2017年10月2日 博多・ウィズ・ザ・スタイルにて開催)

 

トロフィーを持つ男性の画像

最優秀社員賞 前田誠 部長

第28期経営指針発表会(未開催)

第29期経営指針発表会

(2019年10月6日 大濠・シューズクラトミ本店にて開催)

 

抱き抱えられた犬の画像

本年度はクラトミー賞未開催


シューズクラトミ社員旅行 2011年02月26日 「VS Zorb ~ 熊本の旅」

 

 

熊本県の芦北海浜総合公園にて、「 Zorb 」と言う球体に括りつけられて斜面を転がるスポーツ(?)の体験が最大のイベントで、個人的には肩を強打して、四十肩の調子が更に悪くなりました・・・しかし、まぁ、良い思い出です。