ドイツ健康靴とオーダー中敷きならシューズクラトミ 「シューフィッターの知識と靴工房の技術」で外反母趾などの足と靴のトラブルを解決!


ひとりひとり違った「ウォーキングスタイル」に合わせた、最適な一足をご提案致します


HOME > 当社の取り扱い商品 > ウォーキングシューズのご案内

ウォーキングシューズのご案内

ウォーキングシューズ・カタログ (クリックで移動します)


◯ ウォーキングシューズの取り扱い商品

健康の為にウォーキングをされている方が増えています

まさにブームなのですが、みなさまの足もとを見て思うことがあります

それは、正しいウォーキングシューズを履いておられる方が本当に少ないと言うことです。

こちらは「ミズノのウォーキングシューズ」です

大阪市のあるウォーキングシューズ専門店さんで選んでいただき、買い求めた一足でインソール(中敷)もオーダーの物が入っております。

用途は「ウォーキング」の為の一足です。

次に「サッカニーのランニングシューズ」です。

こちらは都内のランニング専門店さんで選んで頂き、やはり、オーダーソール入りの一足です。
購入時の要望としてはスポーツジムのランニングマシーンなどを走る時の靴と言うことで・・・

用途は「ランニング」の為の一足です。

この2足はなにが違うのでしょうか?

答えは簡単!人間が「走る事」と「歩く事」は、全く内容が違うのです

人が走る場合に片足を地面に接地した時の衝撃は、「体重の約3倍」と言われています。
また、両足は必ずしも地面に接地しておらず、体が宙に浮いた状態が発生します・・・この為、ランニングシューズには以下の2点が求められます。

◯ 「体重の約3倍に対する対衝撃性」
◯ 「足の引き上げに対しての軽量性

ちなみにこのランニングシューズは「片足/270グラム」・・・靴底の素材も柔らかく・軽い物が求められます。

一方、歩く場合に片足が地面に接地した時の衝撃は、「体重の約1.3倍」と言われています。
また、歩行時はどちらかの足が必ず地面に接地しています。

この為、ウォーキングシューズに求められるのはこの2点です。

◯ 「体重の約1.3倍に対する耐衝撃性」
◯ 「足の振り出しをサポートする事に対しての重さ」

このウォーキングシューズは「片足/450グラム」・・・靴底は安定性を高める為にある程度固く、かつ、足の振りを補助する為に適度な重さが求められます。

さて、最初に戻って何が言いたいかというと・・・

◯ 走るのであれば「ランニングシューズ!」
◯ 歩くのであれば「ウォーキングシューズ!」

と言うことです! つまりは・・・

◯ 走る為の靴底は、歩行時には柔らかすぎるので「膝や腰に負荷が掛かる」
◯ 軽い靴は足の振りを鈍くし、安定性を損なわせ「歩幅をおかしくする」

と結論できます。

あくまでも走る為の靴は、その目的に合わせて製造されています

つまり、靴と目的のミスマッチであり、ランニングシューズで歩かれている方は、せっかくのウォーキングを挫折されてしまう事が多いように見受けられます。
また、同じ時間を使うのであれば、効率的で効果的、かつ、楽しく歩くためにも「靴選び」は重要なテーマと言えます。

ひとりひとり違った最適な「ウォーキングスタイル」の為、当社では・・・

1. シューフィッターによる「そのお客様の足の個性であるサイズ測定」
2. シューフィッターによる「その目的に合わせたウォーキングシューズのご提案」
3. 工房による「インソール作成やウォーキングシューズの加工・調整」
4. 工房による「修理などのアフターサービス」

を行っております。

当社のご提案が「お客様の健康的な体づくりとライフスタイルの向上」の一助となりますよう、日々、努力いたしております。

ウォーキングシューズ・カタログ (クリックで移動します)


◯ ウォーキングシューズの取り扱い商品