靴で健康になろう♪ ~ ドイツ健康靴とオーダー中敷きならシューズクラトミ 「シューフィッターの知識と靴工房の技術」で外反母趾などの足と靴のトラブルを解決!


「フィンコンフォート」について、当社は経験と実績に裏打ちされた九州一の展開を行っております


HOME > 当社の取り扱い商品 > ドイツ健康靴のご案内

ドイツ健康靴のご案内

ドイツ製コンフォートシューズ・カタログ (クリックで移動します)


◯ 春夏商品 (シューズ・サンダル)


◯ 秋冬商品 (シューズ・ブーツ)


○ 年間商品 (紳士靴・ナースなど)

ドイツ製コンフォートシューズをご存知ですか?

沢山の特徴がある靴なのですが、日本の靴と決定的に違う点があります

フィンコンフォート・Waldi社工場スナップそれは靴に「その方個別の加工・調整を行う余地がある」という事です。

通常の靴は出荷した段階で完成品であり、その後の調整は考慮されていません・・・しかし、人間の足は左右まったく同じ人はいません。
ドイツ靴の特徴の中で一番代表的なものにアインラーゲン(厚い中敷)があり、これを加工する事により、

1. 外反母趾・扁平足やO脚などで、足裏のアーチが正しく接地していない
2. 関節リウマチにより、足裏の左右差・圧の不均一がある
3. 糖尿病により、足裏とインソールにシビアなマッチィングの必要がある
4. 足長や足幅などの左右差

など、いろいろな状態に対応することができます。

また、欧米諸国では朝起きてから、寝るまで靴を脱ぎませんので、靴は長時間の着用を前提としています。
その結果として、靴に求められる「履きやすさへのこだわり」は並々ならぬものがあります。

クリックで拡大します

バルディ社・工場スナップ-1

バルディ社・工場スナップ-2

バルディ社・工場スナップ-3

バルディ社・工場スナップ-4

バルディ社・工場スナップ-5

バルディ社・工場スナップ-6

「快適な履き心地」と「加工・調整による個別対応」

今までの使い捨ての靴と違った、本当に良いものをご提案いたします。

フィンコンフォートはじめて物語

このブランドを取り扱いはじめたのは2003年の春、私が33歳の頃でした。
30歳まで勤めていた東京の会社を辞め、その年に家業の靴屋に入り3代目となった私ですが、当時の店舗で主流だった安価な中国製の靴の味気なさや、また、製造メーカーの理念の無さ(自社製品や靴自体にこだわりの無い方が多かったです)にビックリして、前職は物作りに携わった者として家業の中で、新しい可能性を探し始めていました。

最初は靴の価値をサポートする意味で機械を使用した靴修理を始めましたが、 足と靴の適合で外反母趾などの悩みの方が多く、なにか解決策はないかと調べているなかである出会いがありました。

ドイツの靴文化との出会い

足を計測し、そのお悩みに合わせ工房の機械で靴を加工・調整する・・・そして、問題解決に導くドイツの靴技術との出会いは革命的で、それを学ぶ事と同じく重要だったのが、ベースとなるフィンコンフォートとの出会いでした。
それまでの靴とは桁違いの価格帯に戸惑いましたが、お客様の方が先進的で、最初より、在庫が追いつかないほどのご盛況を頂きました。

フィンコンフォートは加工・調整だけでなく、修理や日々のメンテナンス性と長期使用を前提とした材料選定など、「良いものを長く使う」という哲学があり、また最上の履き心地を提供するという理念がありました。
取り扱う中で、「どんな人たちがこの靴を作っているのだろう?」という疑問がわき、その後に実際に工場を訪れる機会を頂く事となります。

そして、ドイツを訪れた私は本格的にこの道にのめり込んでいく事となるのですが、続きは過去のブログにて、どうぞ!・・・このブランドとの出会いが私の靴屋としてのスタートであり、そしてまだ道半ばであり、人生を変えてくれたフィンコンフォートに感謝しています。

LinkIcon靴旅Blog@kuratomi.info 過去の靴旅行記です

2004-2005年 ドイツ工場訪問スナップ





クリックすると拡大します。

ドイツ製コンフォートシューズ・カタログ (クリックで移動します)


◯ 春夏商品 (シューズ・サンダル)


◯ 秋冬商品 (シューズ・ブーツ)


○ 年間商品 (紳士靴・ナースなど)